管理人日誌feat.AIのべりすと

管理人日誌feat.AIのべりすと【428日目】

※赤文字リンクが表示されない場合はリロードしてください。
※赤文字リンクが表示されない場合はリロードしてください。
X(旧Twitter)のフォローをよろしくお願いします! https://twitter.com/FFAA320

いつもふわふぁンテナ(ω)をご利用くださりありがとうございます。

コピーコンテンツ誤認防止のため、1日に1記事、アンテナサイトの記事枠を利用して日誌を投稿することにしました。

そこで1行目のみを私が書き、残りを「AIのべりすと」にお任せしてみることにしました。

最後には前日のフィードの中からおすすめ記事をピックアップしてご紹介致します。

では、お楽しみください。

 

 

関係はこうだ。
─ ─ A│B│C ─ ─ まずAとBの恋人関係が存在する。次に私と秋野くんが恋人同士であり、三人の関係はこれで消滅する。みいこさんと巫女子ちゃんは同性なのでAとCの恋人関係はなりたたないが、そのかわりに私と秋野くんとみいこさんの関係は残る。そして同性同士のためDという二人が存在することになるのだが、これも二組の関係になる。となるとDとEの恋人関係もどこかの時点で消滅してしまわないといけないし、A─C─D─Eのすべてが同時に存在するというのもどこかの時点で矛盾が生じてしまうということになる。
ということは結論は一つしかない。二組の恋人関係が何らかの理由で同時に存在できないとするならば、それは私達が同性同士だったからと考えるしかないだろう。つまり、私達が本当は同性だったと考えればすべての説明がつくのだ。
「バカバカしい」私は写真を放り出す。「でも……これしか考えられない」
そう考える理由はある。
私は昨年の夏から今年の春にかけての記憶を失っている。これが物理的な事故によるものであるとするならば、たとえば「頭をぶつけた」とか「記憶喪失になった」とか考えれば済むし、普通の場合ならそれで十分なのだと思う。しかしここは反常識の世界だ。私達が記憶を失った理由というのがこの写真に写った三人の三角関係なのだと考えた方が自然なような気がした。どちらかが超能力を持つ魔法使いで、三角関係によって引き起こされた時空の歪みに対処するために魔法を使ったという想像をしてみたが、どうもそれはリアリティがないように思える。それに写真の説明がつかないし……。
「性別を反転させる魔法?」と私は呟くが、すぐに首を振った。
「そんな魔法はありえないわ」
魔法使いは論理と科学を重んじる者達だ。その根底にあるのは徹底した合理性なのだから、三角関係なんていう理由で時空に歪みを発生させるなんていうことは彼らにとって許し難い背徳行為となるだろう。
「じゃあどうして?」
分からない。私は投げ捨てた写真を見つめる。

 

 

ピックアップ記事【2024/06/03】

 

 

 

掲載サイト追加【2024/06/03】

 

 

 

それではまた明日、ふわふぁンテナ(ω)を今後ともよろしくお願い致します。





タイトルとURLをコピーしました