管理人日誌feat.AIのべりすと

管理人日誌feat.AIのべりすと【450日目】

※赤文字リンクが表示されない場合はリロードしてください。
※赤文字リンクが表示されない場合はリロードしてください。
X(旧Twitter)のフォローをよろしくお願いします!

いつもふわふぁンテナ(ω)をご利用くださりありがとうございます。

コピーコンテンツ誤認防止のため、1日に1記事、アンテナサイトの記事枠を利用して日誌を投稿することにしました。

そこで1行目のみを私が書き、残りを「AIのべりすと」にお任せしてみることにしました。

最後には前日のフィードの中からおすすめ記事をピックアップしてご紹介致します。

では、お楽しみください。

 

 

言っていることが理解できない。
あたしとみいこちゃんが両想いだから─あたしは巫女子ちゃんに告白して、そして両方からオッケーをもらえばいいんだってさ。「いや、あの」─あたしは何を言おうとしたのか自分でも分からなかったのだが、とにかく何かを言おうとしたのだ。しかしその声は彼によって遮られた。
「いいか、一度しか言わないからよく聞けよ? お節介な恋愛マスターの僕が言うんだから間違いない。お前さ、みいこちゃんのことが好きなんだろ? だったらさ─もう告白しちゃいなよ。いけるって絶対」
「……む、無理だよ」とあたしは呟くように言った。「そ、そんなの……」
「できないって言うのか? ったく女々しいなお前も─やってみなくちゃ分かんないだろそんなことも?」
やれないよ─だって巫女子ちゃんがあたしのこと好きだって保証はどこにもないんだし。大体ね、どうしてそこまで自信たっぷりでいられるわけ? あたしがさあ、実は巫女子ちゃんだったとしたらあんたどうする気よ。告白なんかされたら引くっていうか─気持ち悪いって思うに違いないんだし。それにあたしだってみいこちゃんのことずっと好きだったんだから、みいこちゃんがあたしのこと好きなのは当たり前なわけで─別にあたしから告白しなくたって─。「そんなこと分かってるよ!」
いつの間にか声に出していたその言葉にあたしははっとして口をつぐむが、どうやら保志野さんには聞こえなかったようだ。「え? 何?」と彼は言う。
あたしはほっとして胸を撫で下ろしたが─しかし、その安心も束の間だった。保志野さんがまた何かとんでもないことを言いだしたのだ。
「だからさ、お前、巫女子ちゃんに告白しろよ。そうすればお前とみいこちゃん、両方ハッピーだしさ」と保志野さんは言った。「何だよその顔は?」
あたしはどんな顔をしていたんだろう? ねえ─自分が告白されないとでも思ってるのか? いや……そうじゃなくて─そういう問題じゃないじゃんか!「む、無理だよ!」
思わずまた言ってしまっていた。しかし彼には聞こえた様子はない。

 

 

ピックアップ記事【2024/06/25】

 

 

 

掲載サイト追加【2024/06/25】

 

 

 

それではまた明日、ふわふぁンテナ(ω)を今後ともよろしくお願い致します。





タイトルとURLをコピーしました