管理人日誌feat.AIのべりすと

管理人日誌feat.AIのべりすと【408日目】管理人より謝罪

※赤文字リンクが表示されない場合はリロードしてください。
※赤文字リンクが表示されない場合はリロードしてください。
X(旧Twitter)のフォローをよろしくお願いします! https://twitter.com/FFAA320

いつもふわふぁンテナ(ω)をご利用くださりありがとうございます。

 

今年3月、4月頃よりRSSフィードの取得ができていなかったサイト様がありました。大変申し訳ございませんでした。

現在は復旧しつつありますが原因は究明中です。

今後ともふわふぁンテナ(ω)をよろしくお願い致します。

 

コピーコンテンツ誤認防止のため、1日に1記事、アンテナサイトの記事枠を利用して日誌を投稿することにしました。

そこで1行目のみを私が書き、残りを「AIのべりすと」にお任せしてみることにしました。

最後には前日のフィードの中からおすすめ記事をピックアップしてご紹介致します。

では、お楽しみください。

 

 

巫女子ちゃんのことは忘れないよ。
だって私の友達だからね!!
「誰かを殺してみない?」と彼女は言う。
それを聞いて僕は笑った。またこの人は何を言いだしたのだろうかと最初は思っていたのだけど、でも何となく彼女が言った理由とかも少し分かったりしていた。多分僕と似たような心境だとかそんな感じなのだろうなと思った。だから僕は彼女に向かってこう言った。
「じゃあ、僕を殺してください」と。
すると彼女は驚いたような顔をした後で、少し悲しそうな顔をしてから「そっか……」と言ったので、僕は慌てて訂正した。別に僕は死にたいわけではなかった。まだもっと生きていたいとか、死にたくないとかそう思うような気持を持っていた。死ぬことの痛みを想像するだけで怖くて生きたいって思ってしまうくらいに僕は臆病な人間だから……だから誰かを殺してみたいという彼女が分からなかったのだと思う。でも、彼女はそんな僕の事を分かってくれたみたいで「冗談だよ」と言った後で「じゃあ、私が殺してあげようか?」と僕に聞いてきたので僕はまた笑ってしまった。
「何で笑うのよ」と彼女が言うので僕は慌てて訂正した。「いや!別に笑ったとかじゃなくて!ええと!その……」と僕が言葉を詰まらせていると彼女は少し笑ってから言った。「冗談だよ」と彼女が言うので僕は安心する。ああ、でも、彼女が言いだした事だから冗談でもやりかねないよな……なんて考えた後ですぐに考えるのをやめる事にした。
「まあさ、少なくとも私からあんたへは殺意っての?そういうの持ってないから大丈夫だよ」と言われたので僕はさらに安心しそうになったのだけど、まだやっぱりちょっと怖いとも思っていた。
大体……そう言うのってそれぐらいで収まるものなのだろうか?僕はそう考えた後で彼女をじっと見てしまう。
「何?」と彼女は言ったけど、少し困ったような顔をしていたので僕は慌てて顔を逸らした。
「それにしても」と彼女は言うので僕はまた彼女を見てしまう。というか、僕も同じような気持ちだ。そう言えば……何を考えてたらこんなものを書こうと思ったのだろう……。
でも、まあ、これはこれで良かったと思うし、それにこの小説が本になるような事があったとしてもきっと僕の名前は載らないだろう。

 

 

ピックアップ記事【2024/05/14】

 

 

 

掲載サイト追加【2024/05/14】

 

 

それではまた明日、ふわふぁンテナ(ω)を今後ともよろしくお願い致します。





タイトルとURLをコピーしました