管理人日誌feat.AIのべりすと

管理人日誌feat.AIのべりすと【430日目】

※赤文字リンクが表示されない場合はリロードしてください。
※赤文字リンクが表示されない場合はリロードしてください。
X(旧Twitter)のフォローをよろしくお願いします! https://twitter.com/FFAA320

いつもふわふぁンテナ(ω)をご利用くださりありがとうございます。

コピーコンテンツ誤認防止のため、1日に1記事、アンテナサイトの記事枠を利用して日誌を投稿することにしました。

そこで1行目のみを私が書き、残りを「AIのべりすと」にお任せしてみることにしました。

最後には前日のフィードの中からおすすめ記事をピックアップしてご紹介致します。

では、お楽しみください。

 

 

みいこちゃんと巫女子ちゃんはまた会える。
どこか二人だけになれる場所で、好きなようにおしゃべりすればいいのだ。そこで仲直りをするのかしないのかは彼女達の問題で私には関係がないし、またそれは私の問題でもなかった。
私はただ二人を見つめていられればそれでいいのだと思う。それが私の役割なのだと思う。だからもう考えなくてもいいのだと思う。
「みいこさん?」と彼は言った。「聞こえてる?」
「うん」と私は言う。
「迎えに来たよ」と彼は言う。
みいこちゃんは立ち上がり、巫女子ちゃんは本棚にもたれるのをやめる。
「またね、巫女子ちゃん」と私は言った。彼女は驚いたように目を見開き私を見つめている。彼女から見ると私が突然話しかけたように見えただろうから、驚くのも無理はないだろう。しかし、それは私の問題ではないのだった。
「みいこちゃんをよろしく」と私は言う。「泣かせたりしないでね」
巫女子ちゃんは何か言おうとして口をぱくぱくさせるが結局何も言えないようだった。
「じゃあね」と言って私は手を振る。
二人はもうこちらを振り返らなかった。これでいいのだろう。私は神社の境内を出ることにした。もうみいこちゃんは大丈夫だろう。あとは彼女自身の問題なのだ。
鳥居をくぐった辺りで、「バイバイ、秋野くん」と呟いてみるが当然のように何の反応もなかった。ポケットの中の携帯電話を取り出して眺めるが、やはり彼からのメールは届いていないようだ。
「送ろうと思ったんだけど」と私は呟く。
そして私は誰もいない夕暮れの街の中を歩き始めることにする。

 

 

ピックアップ記事【2024/06/05】

 

 

 

掲載サイト追加【2024/06/05】

 

 

 

それではまた明日、ふわふぁンテナ(ω)を今後ともよろしくお願い致します。





タイトルとURLをコピーしました