管理人日誌feat.AIのべりすと

管理人日誌feat.AIのべりすと【432日目】

※赤文字リンクが表示されない場合はリロードしてください。
※赤文字リンクが表示されない場合はリロードしてください。
X(旧Twitter)のフォローをよろしくお願いします! https://twitter.com/FFAA320

いつもふわふぁンテナ(ω)をご利用くださりありがとうございます。

コピーコンテンツ誤認防止のため、1日に1記事、アンテナサイトの記事枠を利用して日誌を投稿することにしました。

そこで1行目のみを私が書き、残りを「AIのべりすと」にお任せしてみることにしました。

最後には前日のフィードの中からおすすめ記事をピックアップしてご紹介致します。

では、お楽しみください。

 

 

みんな死んでしまっている。
そんなことは当たり前すぎるほど当たり前のことなのだが……。
その現実を思うと胸が痛くなるし、背筋が冷たくなるような感覚に襲われる。秋野くんの顔とみいこちゃんや巫女子ちゃんの手がくっついた巨大なラジコンヘリがこっちに向かってくるなんていう現実感の乏しい光景が、何となく私に漠然とした不安を抱かせるのかもしれない。みんな死んでしまっているのだから─ 秋野くんも、みいこちゃんも、巫女子ちゃんもそして私も─
「錯覚よ」と私は自分に言い聞かせるように言う。「錯覚なのよ」
ヘリコプターは確実に私を目指して近づいてきているように見えるし、さっきから秋野くんは何か大声で私に呼びかけているように見えるが錯覚に違いない。錯覚だ。これはただ単に秋野くんの顔が張りついているように見えるラジコンヘリにすぎない。みんなもう死んでしまっているのだから─
「逃げなきゃ」と私は思った。「逃げなきゃ─」
全速力で走って逃げようかどうか迷っているうちにもヘリコプターはどんどん近づいてくるし、その落下してくるローターの起こす風で私の髪がぐしゃぐしゃにかき乱されてしまう。私は転んでしまわないように注意しながらラジコンヘリを見つめながら後ろ向きにそろそろと後退る。しかしほっとしたことにヘリコプターが私に衝突してくるなんていうことはなかった─ それどころではなかったからだ。
ラジコンヘリは神社の上空でぐるぐると旋回し始めたかと思うと、一気にスピードを上げてこちらに向かって落下してきたからだ。風圧だけで私の髪が後方に向かって激しくかき乱されるほどの速度が出ていることが見てとれたし、またローターの巻き起こす風で私のスカートがめくりあがりそうになてしまう。ラジコンヘリは私のすぐ目の前の道路に衝突してローターを激しく回転させながら何とか停止しようと試みているようだった。慌てて飛びのいた私の数センチ横を轟音とともに通り過ぎたヘリコプターは、しかし急には停止できないようでそのまま道路を滑って進んでいき、向かいの家の生垣にぶつかってようやく停止した。ラジコンヘリはその衝撃で生垣を突き抜け、その庭先に積んであった藁の山の上に落下してバラバラに解体してしまったようだった。

 

 

ピックアップ記事【2024/06/07】

 

 

 

掲載サイト追加【2024/06/07】

 

 

 

それではまた明日、ふわふぁンテナ(ω)を今後ともよろしくお願い致します。





タイトルとURLをコピーしました