管理人日誌feat.AIのべりすと

管理人日誌feat.AIのべりすと【456日目】

※赤文字リンクが表示されない場合はリロードしてください。
※赤文字リンクが表示されない場合はリロードしてください。
X(旧Twitter)のフォローをよろしくお願いします!

いつもふわふぁンテナ(ω)をご利用くださりありがとうございます。

コピーコンテンツ誤認防止のため、1日に1記事、アンテナサイトの記事枠を利用して日誌を投稿することにしました。

そこで1行目のみを私が書き、残りを「AIのべりすと」にお任せしてみることにしました。

最後には前日のフィードの中からおすすめ記事をピックアップしてご紹介致します。

では、お楽しみください。

 

 

「凍ったままでいいのか?」
「……」
いい─と私は言えなかった。本当は嫌だし、正直今のままじゃいられないという気持ちもある。いつか前畑さんが言っていたとおり、時間が経てば経つほどやりづらくなっていくのだろうとは思うし、引き延ばせば引き延ばすだけさらに気まずくなっていくんだろうなとも想像できた。早く何とかしなきゃ、とは思っているんだけど。
でも……と私は思うのだ。「でも─」
しかし彼はそんな私の言葉を遮るようにこう続けた。
「俺、みいこちゃんには幸せになってほしいんだよな。俺、みいこちゃんのこと─好きなんだしさ」
「え?」と言って私は顔を上げた。しかし彼は真面目な顔をしているだけで別に冗談を言っているわけではなさそうだった。
* ** 巫女子ちゃんのちょっとした仕草が可愛かったり、適度な距離感が心地良かったりだとかでいつからか彼女のことが好きになってしまっていたのだが、しかしその気持ちを僕はずっと隠してきたのだった。しかしそれももう終わりにしなくてはならないだろう─そう、今こそ彼女にこの気持ちを伝えるべき時なのだ。
僕は彼女の目を見て、はっきりとした口調でこう言った。「俺─みいこちゃんのこと、好きなんだ」と。
しかし彼女はこう返す。「……え?」
「だから俺─」
「いや、ちょっと待ってよ」と彼女は言う。そして少し笑いながらこうも続けた。「じょ、冗談でしょ?」
冗談じゃないさ─と僕は言う。「俺は本気で言ってるんだよ─」
しかしそれでも彼女は信じなかったようだ。「嘘ばっかり」

 

 

ピックアップ記事【2024/07/01】

【ハリウッド俳優】ジャック・バウアーさん「鳥貴族」がお気に召した模様 – ふわふぁンテナ(ω)

 

 

掲載サイト追加【2024/07/01】

 

 

 

それではまた明日、ふわふぁンテナ(ω)を今後ともよろしくお願い致します。





タイトルとURLをコピーしました