管理人日誌feat.AIのべりすと

管理人日誌feat.AIのべりすと【404日目】

※赤文字リンクが表示されない場合はリロードしてください。
※赤文字リンクが表示されない場合はリロードしてください。
X(旧Twitter)のフォローをよろしくお願いします! https://twitter.com/FFAA320

いつもふわふぁンテナ(ω)をご利用くださりありがとうございます。

コピーコンテンツ誤認防止のため、1日に1記事、アンテナサイトの記事枠を利用して日誌を投稿することにしました。

そこで1行目のみを私が書き、残りを「AIのべりすと」にお任せしてみることにしました。

最後には前日のフィードの中からおすすめ記事をピックアップしてご紹介致します。

では、お楽しみください。

 

 

みいこちゃんは生きてる。
生きてるんだ!
「みいこちゃんは死んじゃったけど……でも、私は生きてるよ」と私は言う。
「うん、そうだね」と巫女子ちゃんは言ってから「でもさ、もうみいこちゃんはいないんだよ。それは変わらないよ」と言った。
「……うん」と私は言うけど、でもさ?だからって……だからって私が悲しむ事なんてあるの?って気持ちの方が強いかな……だってさ……。
「あ、そうだ!」と突然巫女子ちゃんが言ったので私は驚く。
「え?何?」と私が聞くと巫女子ちゃんは何かを取り出して、私に見せてきた。
それは……みいこちゃんの写真だった。
「えっ!?なんで!?」って私は思わず言った。だって、その写真はさ……。
「あ!これね!なんかさ、みいこちゃんの荷物の中にあったんだよね!」
「……そうなんだ」と私は言うけど、ただの偶然なんじゃないかなって思う。でも……本当に偶然なのかな?って一瞬だけ頭に浮かんだ疑問は振り払っておいた。みいこちゃん、写真撮るの好きだって言ってたもんね☆なんか今も机にセットされたカメラとかあるみたいだし~……自作なのかな?よく分からないけどさ☆あはっ!!あははっ!!
「じゃあそろそろ帰ろっか」と巫女子ちゃんが言うので私はうんと答える。そしてそのまま二人で部屋を出た。
「ごちそうさまでした」と私は言って、料理を食べきる。
「ごちそうさまでした」と巫女子ちゃんが私の目を見ながら言うので、私は思わず目を逸らしてしまった。
「あ、うん」と私は言って、料理を食べきる。「ごちそうさまでした」と巫女子ちゃんが私の目を見ながら言ったので私も同じ事を言ってから、一緒に部屋に戻った。
「……でもさ、きっと誰かが作ってくれてたんだよ」
巫女子ちゃんはそう呟いてから、私を見て笑った。
「だから……その誰かに感謝してさ……でさ……」
「でさ?」

 

 

ピックアップ記事【2024/05/10】

 

 

 

掲載サイト追加【2024/05/10】

 

 

それではまた明日、ふわふぁンテナ(ω)を今後ともよろしくお願い致します。





タイトルとURLをコピーしました