管理人日誌feat.AIのべりすと

管理人日誌feat.AIのべりすと【463日目】

※赤文字リンクが表示されない場合はリロードしてください。
※赤文字リンクが表示されない場合はリロードしてください。
X(旧Twitter)のフォローをよろしくお願いします!

いつもふわふぁンテナ(ω)をご利用くださりありがとうございます。

コピーコンテンツ誤認防止のため、1日に1記事、アンテナサイトの記事枠を利用して日誌を投稿することにしました。

そこで1行目のみを私が書き、残りを「AIのべりすと」にお任せしてみることにしました。

最後には前日のフィードの中からおすすめ記事をピックアップしてご紹介致します。

では、お楽しみください。

 

 

巫女子ちゃんは僕に鉄砲を向けた。
「撃たれる前に死んじゃうかもしれないってこと」
20.ウェイトレスの話 ウェイトレスさんが僕のカップにお代わりのミルクを注いでくれたのを見て、僕はふと思い出す─そういえばこいつは臨死体験をしていたなと。何でもありになる世界─だったか。
「ねえ、君さ」と僕は彼女に言ったがしかしすぐにこう続けた。「あ、ごめん。やっぱり後で話す」
彼女は少し驚いたような顔をしたけれどすぐに頷いてくれたので、僕も頷き返してお代わりのミルクに口を付ける。─そこでふと気付いた事があったので、僕は彼女に質問してみる事にした。
「ちょっと訊いていい?」
彼女は言った。「知ってることなら」と。
それはつまり知っていることと知らないことがあるという事なのだろうが─ここで分からないと即答しないのは彼女らしかった。僕は言葉に甘えて質問することにする。「変なこと言って申し訳ないんだけどさ、どう答えてほしいとか何が知りたいとか全然そういうわけじゃないから面倒だと思ったら無視してくれて構わないんだ……でも何ていうか……ねえウェイトレスさん? ウェイトレスさんって何でも知ってるんだよね?」
「何でもは知りませんよ。知ってることだけです」
知ってることだけ……と僕は繰り返す。「僕の場合さ、例えば『未来の記憶』って仮に過去にあった出来事でも……それはやっぱり予言になっちゃうのかな? どうやっても回避できないのかな?」
彼女はつまらなそうに答えた。「何にでも例外はありますから、出来るんじゃないですか? 知らんけど」
ではそうしてもらうことにしようと思った。なぜなら今はどちらかというと知ることよりむしろ知ってほしいことがある。

 

 

ピックアップ記事【2024/07/08】

 

 

 

掲載サイト追加【2024/07/08】

 

 

 

それではまた明日、ふわふぁンテナ(ω)を今後ともよろしくお願い致します。





タイトルとURLをコピーしました