管理人日誌feat.AIのべりすと

管理人日誌feat.AIのべりすと【461日目】

※赤文字リンクが表示されない場合はリロードしてください。
※赤文字リンクが表示されない場合はリロードしてください。
X(旧Twitter)のフォローをよろしくお願いします!

いつもふわふぁンテナ(ω)をご利用くださりありがとうございます。

コピーコンテンツ誤認防止のため、1日に1記事、アンテナサイトの記事枠を利用して日誌を投稿することにしました。

そこで1行目のみを私が書き、残りを「AIのべりすと」にお任せしてみることにしました。

最後には前日のフィードの中からおすすめ記事をピックアップしてご紹介致します。

では、お楽しみください。

 

 

電話には出ない。
三峰です、と名乗ってもそれは変わらない。電話をかけてきた理由にも─あるいは別の事由にも─答えるつもりはさらさらなかったから。彼の事はよく知ってるつもりだったし、彼のやりたいことなんて聞かなくても分かるつもりだけど、あえて私は知らないふりをするのだ。私からはちょっとハードルが高いけれど、でもみぎりのためならそれくらいはするべきだ。
『……どうしてですか?』と彼は言う。『どうして出てくれないんですか? 三峰さん』と。
「ごめんなさい」と私は言う。「今ちょっと手が離せないんです」
『どうしてですか?』と彼はまた言った。
「どうして─」と私もまた言う。
「どうして小竹田君の電話に出ないんですか?」
『……』
沈黙。
私は彼の次の言葉を待つがしかし何も言ってこなかったので、仕方なく口を開いた。「……小竹田君は関係ないでしょう? それとも─私がみぎりにそんな態度をとらせてるんですか?」
『……いえ、それは』と彼。『だとしたら俺が三峰さんに嫌われるようなことをしたからだと思うんですが─』
「そういうの、いいんで」と私は冷たく返した。「謝るつもりがあるならそんなこと─訊くような真似しないでほしいですね」
彼はしばらく黙ってから、再び口を開いた。『三峰さん』と彼は私の名を呼ぶ。
『ひょっとして……もう知ってるんじゃないですか?』
「……小竹田君から聞いたんですか?」
『いえ、そうではなくて』と彼。『三峰さんはもう全部知ってるんじゃないですか?』
「全部って?」

 

 

ピックアップ記事【2024/07/06】

【悲報】バナナさん、急速な値上げ – ふわふぁンテナ(ω)

 

 

掲載サイト追加【2024/07/06】

 

 

 

それではまた明日、ふわふぁンテナ(ω)を今後ともよろしくお願い致します。





タイトルとURLをコピーしました