管理人日誌feat.AIのべりすと

管理人日誌feat.AIのべりすと【429日目】

※赤文字リンクが表示されない場合はリロードしてください。
※赤文字リンクが表示されない場合はリロードしてください。
X(旧Twitter)のフォローをよろしくお願いします! https://twitter.com/FFAA320

いつもふわふぁンテナ(ω)をご利用くださりありがとうございます。

コピーコンテンツ誤認防止のため、1日に1記事、アンテナサイトの記事枠を利用して日誌を投稿することにしました。

そこで1行目のみを私が書き、残りを「AIのべりすと」にお任せしてみることにしました。

最後には前日のフィードの中からおすすめ記事をピックアップしてご紹介致します。

では、お楽しみください。

 

 

たしかに巫女子ちゃんとみいこさんは付き合ってた。
秋野くんはみいこさんのことが好きだった。私は秋野くんのことが好きだった。でも、何かが起こった。それは私達三人の関係に決定的なダメージを与えた……二股をかけるという最悪のことをやり続けたことによる当然の帰結なのだと思うが、しかしそのダメージは時空を歪ませてしまうほどのものだったのだということは今の説明で分かる。
「分からない」と私は呟く。
「どうして性別を反転させたの?三角関係ってどうしてダメなのよ?」
分からない。
「魔法を使ったんじゃないの?」と私は呟いてみる。「三角関係を許さない三角関係ってことなの?そんな勝手なことが許されるの?」
分からない。
それに今の説明にも疑問点がある。事故のせいで私達にその三角関係が維持できなくなったのなら、なぜ私と秋野くんは付き合っているのだろう?例えばどちらかが魔法を使ったとして、一人だけが魔法を使い他の二人が通常の恋愛を続けたのだとして……その方がずっと筋が通るように思うのだけど……。
「それとも」と私は言う。「私が秋野くんのことを好きっていうのは勘違いなのかしら?」
そうでなければ、そう私が無意識のうちに秋野くんのことを好きになってしまったのだというのが一番分かりやすいように思うのだが……まあそれはそれで三角関係なんていうものが成立しなくなってしまうという問題はあるけど。
分からない。
もうやめだ、と私は思った。分からないものをいくら考えても分かるわけがないし、それは今である必要はない。私は写真を片付けて立ち上がった。時計を見るとそろそろ夕樹くんが迎えに来る時間だった。
「みいこさん」と彼が言うのが聞こえた。「もう時間だよ」

 

 

ピックアップ記事【2024/06/04】

 

 

 

掲載サイト追加【2024/06/04】

 

 

 

それではまた明日、ふわふぁンテナ(ω)を今後ともよろしくお願い致します。





タイトルとURLをコピーしました