管理人日誌feat.AIのべりすと

管理人日誌feat.AIのべりすと【405日目】

※赤文字リンクが表示されない場合はリロードしてください。
※赤文字リンクが表示されない場合はリロードしてください。
X(旧Twitter)のフォローをよろしくお願いします! https://twitter.com/FFAA320

いつもふわふぁンテナ(ω)をご利用くださりありがとうございます。

コピーコンテンツ誤認防止のため、1日に1記事、アンテナサイトの記事枠を利用して日誌を投稿することにしました。

そこで1行目のみを私が書き、残りを「AIのべりすと」にお任せしてみることにしました。

最後には前日のフィードの中からおすすめ記事をピックアップしてご紹介致します。

では、お楽しみください。

 

 

巫女子ちゃんは笑っている。
「でさ……」と巫女子ちゃんが言うので私は続きに期待したけど、どうやらここまでみたいだった。
「だからさ……ごちそうさまでしたって言わない?」と巫女子ちゃんは言うので私はそのまま頷く。だってさ、なんかここで料理を食べるのを止めたらいけないようなそんな気がしたから……。
「ごちそうさまでした」と私が言ってから、巫女子ちゃんも「ごちそうさま」と言ったので私達は部屋に戻った。
「でさ!その作ってくれた人にありがとうって言ってさ!それで……」
「うん」と私は言う。「うん」
「……」
巫女子ちゃんは少し顔を赤くしている。多分自分もそういうの言いたいけど、あんまり考えた事ないからって気持ちなのかな?私もよ?あははっ!☆それに巫女子ちゃんは幽霊でしょ?天国とか普通に行けないはずだしね!?あはっ!!あはーっはっはっはっはっ!!!!
「……みいこちゃんにもさ、ありがとうって言いに行こうよ」と私は言ったので巫女子ちゃんが「うん!」と元気良く返事をしたので私達は一緒に部屋を出た。
「ごちそうさまでした」と私は言って、料理を食べきる。
「ごちそうさまでした」と巫女子ちゃんが私の目を見ながら言うので私も同じ事を言ってから、一緒に部屋に戻った。
「でさ!」と巫女子ちゃんが言うので私はそのまま続きに期待したけど、どうやらここまでみたいだった。
「……でもさ、きっと誰かが作ってくれてたんだよ」と巫女子ちゃんが言うので私はそのまま頷く。だって、その写真はさ……。
「だから……その誰かに感謝してさ……でさ……」
「うん」と私は言って、料理を食べきる。「ごちそうさまでした」と巫女子ちゃんが私の目を見ながら言ったので私も同じ事を言ってから、一緒に部屋に戻った。
「……でもさ、きっと誰かが作ってくれてたんだよ」
巫女子ちゃんはそう言って、私を見て笑うので私も同じ事を言ってから一緒に部屋に戻った。
で?いつまでついてくる気なのかなぁって思っちゃう☆さっきから私のこと見てるような気がするしさ☆え?偶然?……何が?

 

 

ピックアップ記事【2024/05/11】

 

 

 

掲載サイト追加【2024/05/11】

 

 

それではまた明日、ふわふぁンテナ(ω)を今後ともよろしくお願い致します。





タイトルとURLをコピーしました