管理人日誌feat.AIのべりすと

管理人日誌feat.AIのべりすと【410日目】

※赤文字リンクが表示されない場合はリロードしてください。
※赤文字リンクが表示されない場合はリロードしてください。
X(旧Twitter)のフォローをよろしくお願いします! https://twitter.com/FFAA320

いつもふわふぁンテナ(ω)をご利用くださりありがとうございます。

コピーコンテンツ誤認防止のため、1日に1記事、アンテナサイトの記事枠を利用して日誌を投稿することにしました。

そこで1行目のみを私が書き、残りを「AIのべりすと」にお任せしてみることにしました。

最後には前日のフィードの中からおすすめ記事をピックアップしてご紹介致します。

では、お楽しみください。

 

 

「なに?」
「もしもさ」
「何?」
巫女子ちゃんはそれから少し間をおいた後で笑ってから言った。「なんでもなーい☆」
そう言ったあとで巫女子ちゃんはこう言うのだ。「みいこちゃんは何か私に言うべきことがあるような気がするんだけどなー……私の勘ではね!あははっ!」私はそれを聞きながら、じゃあ私は今、ありがとうって言ってもいいのかな?だなんてそんな事を考えていたのだった。
10.01『暗黒騎士異聞』#1(1)に移動してください。
夢に見る未来の幻影 澱んだ水のような思考の海の中で、誰かの声がした。
何か鼻についているのだろうか?それが僕を呼んでいるのだろうか?僕はそっと目を開いた。いつから寝ていたのか、どんな体勢で寝ていたのかもよく分からないままに瞼を開けて目が覚めたのだった。さあ眠る前の事を思い出してみろよと自分に向かって言ってみるが、意外にもその時のことは簡単に思い出せた。まあ特に何もおかしなところはない日常だったように思うからだろう……と僕は思うことにしたのだが。でも、そうは思ってもやはりおかしいと思うのは、目を覚ました筈なのに……ということ、だろう。先ほど意識を覚醒させるまでは意識があった筈だし……と、ここで僕の頭に1つの考えが浮かぶのだが、もしかして僕は目を開けていると思っているだけで実はこれはまだ目を閉じているのでは?つまり起きているつもりで実はまだ寝ていて、意識が戻って来たところで目が覚めたのではないだろうか?もしそうならばやはり先ほどのおかしな発言も分かる気がするが……。
でもまあそれは違うだろうなと思う。
だって、僕はちゃんと目を覚ましているのだから。
「あの」と声がしたので僕は自分が寝ていた部屋……と言えるのかどうかは分からないが、そういう認識でいるこの空間を見まわす。そんな僕を見ていた声の主は少し困ったような顔をした後で「あ、あの」と再びそう言った。「最近目が覚めましたか?」
そう聞かれて僕は考えるのだけどやっぱり分かる筈はないよなと思う。
だけど一応首を横に振ろうとして、そこで僕の動きは止まってしまった。いや……だってさ、もし僕が今ここで首を振ったらどうなるのだろう?という好奇心が勝ってしまったからで、でもまあ、その動作に特に意味がないだろうことも分かっているのでどうってことはなかったのだが。
「あ」と声がしたので僕は声の主の方を向く。そこには僕を今起こしてくれたと思われる女性……と言うか少女のように見える人が立っていた。制服みたいなものを着ているがこれはどこかの学校の制服なのだろうか?でもこんな制服は見たことがないし僕が住んでいるような場所に学校なんてないのでこれがどこの学校のものなのかはさっぱり分からなかった。「あの……」
と、そこでまた彼女が何かを言おうとしていたので僕は彼女の言葉を遮るようにこう言った。

 

 

ピックアップ記事【2024/05/16】

 

 

 

掲載サイト追加【2024/05/16】

 

 

それではまた明日、ふわふぁンテナ(ω)を今後ともよろしくお願い致します。





タイトルとURLをコピーしました